腫瘍内科

 みなさんは「腫瘍内科」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ここで言う腫瘍とは悪性腫瘍、いわゆる「がん」を指します。がんはその種類や進行度に応じて、手術、放射線治療、薬物療法(抗がん剤)など様々な治療が必要になります。この中の抗がん剤治療は、手術後に行うことで術後の再発を予防したり、手術ができない状態のがんの進行を食い止めたりすることが目的の治療です。しかし、日本では手術は外科の専門医が、放射線治療は放射線の専門医が行うことが当たり前なのに、抗がん剤治療の専門医の治療を受けられる病院はごく一部です。
 当科の医師は日本臨床腫瘍学会認定の「がん薬物療法専門医」の資格を有する、道南地方で唯一の抗がん剤治療の専門医です。特に専門としている分野は、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなどの消化器がんです。また、GISTや原発不明がんなどの、稀ながんの治療も行っています。抗がん剤の知識が豊富な看護師や薬剤師と連携し、それぞれの患者さまに最適な治療を行います。

外来診療情報

時間帯月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前9:00~11:30
※土曜日休診
※予約制
※新患受付は11:00迄
検査笹木検査笹木笹木予約のみ
午後午後休診休診休診休診休診休診

お知らせ

特になし。

医師紹介

ささき ゆうすけ

笹木 有佑

腫瘍内科科長 兼 外来化学療法センター長 弘前大学医学部 平成19年卒業
所属学会
指導医等の資格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、指導医

その他

主な経歴
平成19年 札幌北楡病院
平成21年 函館中央病院
平成23年 国立がん研究センター中央病院
平成28年 順天堂大学大学院医学研究科修了