麻酔科

 麻酔科は、手術室における手術中の麻酔や周術期の全身管理をはじめ、外来ではペインクリニック(痛みに対する治療)や安全な麻酔管理のために手術前診察を行っています。

 手術室では、外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科口腔外科、内科に至る年間4,500件を超える様々な症例のうち3,200件以上の全身麻酔管理を行っています。常に”安全第一”を目標に、吸入麻酔と静脈麻酔を中心に硬膜外麻酔や脊髄くも膜下麻酔などをうまく組み合わせて患者様の全身状態の安定をはかっております。手術後もできるだけ痛みを感じることのないように、積極的に疼痛管理を行なっています。
 例えば、胸部・腹部手術では硬膜外麻酔といって、細いチューブを背中から挿入し疼痛の軽減を行ないます。他の部位の手術でも可能な限り硬膜外チューブを挿入し、1日中麻酔薬を持続投与しています。
 ペインクリニック外来では、帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、肢指末梢の循環障害による痛み(バージャー病、レイノー病、ASOなど)、糖尿病性神経痛、慢性疼痛、反射性交感神経萎縮症、カウザルギーなどに対して神経ブロック、レーザー治療、経口薬物療法、点滴薬物療法、漢方治療を行っております。さらに難治性疼痛や末梢循環不全に対して硬膜外に電極を挿入し、脊髄を刺激して疼痛の軽減や循環の改善を行う治療もしております。
 その他、高圧酸素療法も1日2~5症例を行っております。臨床工学士が専任でつきます。この治療は気圧を2気圧に加圧し1~2時間保つことによって、体内に酸素を取り込む治療法です。次のような疾患が代表的です。一酸化炭素中毒(火災など)、脊髄梗塞、消化管イレウス、顔面神経麻痺、突発性難聴、網膜動脈閉塞症、骨髄炎など。
 その他様々な痛みに対して治療を行っていますので、一度お問い合わせ下さい。

得意・専門とする分野

末梢性顔面神経麻痺

耳鼻科と協力し星状神経節ブロックを中心に高圧酸素療法、薬物療法を組み合わせて治療しています。

帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛

皮膚科と協力し経口、点滴薬物療法、レーザー照射、また硬膜外ブロックを積極的に行い除痛、神経の回復をはかっています。

末梢循環不全

硬膜外ブロック、局所静脈内交感神経ブロックさらに胸部腰部交感神経節ブロックを行っています。

腰痛、肩関節痛

トリガーポイント注射、硬膜外ブロックなどの神経ブロックやレーザー照射を行っています。

三叉神経痛

神経ブロック、薬物療法を組み合わせて治療しています。

その他様々な痛みに対して治療を行っていますので、一度お問い合わせください。

外来診療表

時間帯月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
午前9:00-11:30伊藤高島山本瀧川斉藤(達)交替制
(9:00~10:30)
午後手術手術手術手術手術

※休診や診療制限等については新着お知らせをご確認ください。

お知らせ

特になし。

医師紹介

さいとう たつし

斉藤 達志

副院長 旭川医科大学医学部 昭和63年卒業
所属学会
指導医等の資格

日本麻酔科学会指導医

その他

主な経歴
昭和63年 北海道大学病院 麻酔科
平成元年 旭川厚生病院
平成 3年 伊達赤十字病院
平成 5年 北海道大学病院 麻酔科

たきかわ さとし

瀧川 聰

診療部長 兼 ICUセンター長 旭川医科大学医学部 平成5年卒業
所属学会
指導医等の資格

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会認定医

その他
いとう あゆみ

伊藤 歩

麻酔科医長 宮崎大学医学部 平成19年卒業
所属学会
指導医等の資格

日本麻酔科学会認定医・専門医

その他

主な経歴
平成19年 市立函館病院臨床研修医
平成20年 北海道大学病院 臨床研修医
平成21年 北海道大学病院 麻酔科
平成22年 函館中央病院 麻酔科
平成24年 市立札幌病院 麻酔科
平成25年 北海道大学病院 麻酔科

やまもと まさたか

山本 真崇

麻酔科医長 北海道大学医学部 平成21年卒業
所属学会
指導医等の資格

日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会専門医

その他
たかしま ふみき

高島 史樹

麻酔科医長 札幌医科大学医学部 平成25年卒業
所属学会
指導医等の資格

日本麻酔科学会認定医・専門医

その他
まつむら なおや

松村 直也

麻酔科医員 北海道大学医学部 平成30年卒業
所属学会
指導医等の資格
その他
やなづめ ゆきえ

簗詰 雪映

麻酔科医員 弘前大学医学部 平成29年卒業
所属学会
指導医等の資格
その他