脊椎センター
脊椎センター

 脊椎(せぼね)の病気を専門に扱う脊椎センターでは、日本脊椎脊髄病学会認定の脊椎脊髄外科指導医4名(橋本友幸名誉院長・金山 雅弘副院長・大羽文博診療部長・田中将医長)と2名の脊椎外科医(辻本武尊せぼね骨折センター長・長谷川裕一医長)が診療を担当しています。
 6名の脊椎外科医による診療体制は、北大・札幌医大・旭川医大の3大学を上回る道内で最大規模の脊椎センターとなっており、ほぼ全ての脊椎疾患への対応が可能です。
 函館市および渡島・檜山管内では現時点で6名いる脊椎外科指導医のうち3名が当院に在籍しています。
脊椎手術については年間約500例、全国トップレベルの症例数となっています。
 また、当院での治療実績に基づく研究発表は、国内はもとより、米国整形外科学会・国際腰椎学会など海外でも高い評価を受け、常に国際的なレベルの最先端医療を提供しています。
脊椎センターでは、東京や札幌などの大都市でなくてもこのように高い水準の医療が受けられることをより多くの方々に知っていただき、より多くの患者様に私たちの医療を提供していくことを目指しています。
 手術を必要としている患者様だけに限らず、セカンドオピニオンを必要としている方にも適切な診断や最適な治療法のアドバイスをさせていただきます。
 また、脊柱側弯症の治療にも力を入れており、毎月第2土曜日に側弯症専門外来を開設しています。
手術が必要な患者様だけでなく、側弯症に関する不安や悩みなど、どんなご相談にも丁寧に対応し適切なアドバイスをさせていただきます。

手術実績

2019年 脊椎手術件数 471例(一部重複有り)

頚椎 34例
椎弓形成 ・・・・・・・ 24例
椎弓切除 ・・・・・・・ 3例
前方固定 ・・・・・・・ 5例
後方固定 ・・・・・・・ 3例
椎間孔除圧 ・・・・・・・ 1例
その他 ・・・・・・・ 1例

胸椎 15例
椎弓切除 ・・・・・・・ 5例
前方固定 ・・・・・・・ 1例
後方固定 ・・・・・・・ 10例

胸腰椎・腰椎 417例
後方椎体間固定 ・・・・・・・ 188例
後方・後側方固定 ・・・・・・・ 12例
前方固定 ・・・・・・・ 1例
椎弓形成・椎弓切除・ヘルニア摘出術 ・・・・・・・ 235例
その他(除去・腫瘍・骨掻爬など) ・・・・・・・ 5例

脊柱側弯症 13例
前方矯正固定 ・・・・・・・  1例
後方矯正固定 ・・・・・・・ 4例

診療科案内トップページへ