産婦人科
産婦人科

診療内容

外来診療 産科(月~金)、婦人科再来(月~土)、新患・予約外 午前のみ(月・火・木・土)
手術日は水曜と金曜。

得意・専門とする分野

当科は、女性の健康と医療を守る医師連合(略称WIND、旧北海道大学産婦人科医局)の道南地区における基幹病院として、7名の医師が、その専門性を生かしチーム医療を行っております。
道南唯一の総合周産期母子医療センターとして、道南の周産期医療の中核を担っています。道南地区のほぼ全ての周産期ハイリスク症例を取り扱っています。小児科新生児専門医と密に連携を取り、母児双方にとって最良の選択となる医療を常に目指しています。また母乳育児の推進にも力を入れており、助産師による育児支援外来(愛称「ベビーリーフ」)も盛況です。
悪性腫瘍に対しても婦人科腫瘍専門医・臨床細胞学会認定医・がん治療認定医である藤本を中心に積極的に取り組み、さらに充実・発展しつつあるところです。
婦人科手術では鏡視下手術を積極的に取り入れており、良性の子宮摘出術の約7割、子宮筋腫核出術の9割近くは腹腔鏡で行っています。さらに低侵襲な手術を目指して日々取り組んでおります。

当院で分娩された方へ ~産後2週間健診・1ヶ月健診について~

 産後2週間健診

産後の女性の体は、妊娠前の体に戻ろうとしてホルモンバランスが変化し心身共に不安定な状態になります。この時期に「育児疲れ」「孤独感」が相まって産後うつを発症すると考えられています。産後うつは、産後2~3週頃から発症し約10人に1人が経験するといわれています。
産後約2週間目に健診を行なう理由としては、これからやってくる『魔の3週目』に備えるといった意味もあります。この時期は、赤ちゃんがおなかの中から出てきて外の世界に順応し始める大切な時期でもあり、原因不明のぐずりなど産後のママが初めて体験する育児の試練だといわれています。
こういった『試練の時期』を乗り切るために、お母さんの心の状況を理解し、不安を取り除き、赤ちゃんのお世話や母乳育児に自信を持つことが大切です。産後2週間健診は主に、お母さんの健康状態や育児相談のサポートを目的として行なっています。

内 容尿検査、体重測定、血圧測定、問診、育児相談
費 用2,500円(受診票がある場合は持参願います)
持ち物母子手帳、診察券、健康保険証
「心の健康チェック」アンケート
産後2週間健

※おっぱいについてのトラブルや相談は、助産師外来「ベビーリーフ」が窓口となります。

 助産師による外来『ベビーリーフ』

赤ちゃんと共に来院していただき5年以上の経験ある助産師が授乳支援や育児支援をする助産師外来です。

月曜・水曜・木曜(完全予約制)

内 容赤ちゃんの体重測定、授乳相談
費 用2,500円
持ち物母子手帳、診察券、健康保険証
赤ちゃんに必要なもの
助産師による外来『ベビーリーフ』01
助産師による外来『ベビーリーフ』02
 産後1ヶ月健診

産後1ヶ月のお母さんの子宮復古の状況やお体の状況を確認します。問題となる点がなければ、産婦人科は終診となります。

内 容尿検査、体重測定、血圧測定、問診、内診
費 用3,500円(受診票がある場合は持参願います)
持ち物母子手帳、診察券、健康保険証
「心の健康チェック」アンケート
産後1ヶ月健診

産後2週間健診・1ヶ月健診は退院時に予約をして頂きます。ご不明な点などありましたら、当院産婦人科外来までお気軽に お問い合わせ下さい。【℡:0138-52-1231(代表)】

 健診費用の助成制度(函館市民の方)

函館市民の方は、健診費用が無料となる助成があります。受診の際、事前予約のうえ、函館市が交付する「産婦健康診査受診票」を提示して下さい。

≪助成制度に関するお問い合わせ先≫

 函館市子ども未来部母子保健課【℡:0138-32-1533】
 函館市五稜郭町23-1 函館市総合保健センター1階

臨床研修における特徴

道南唯一の総合周産期母子医療センターとして、道南の周産期医療の中核を担っています。道南は人口約50万人、年間分娩数3000超です。その周産期のハイリスク症例・問題症例はほぼすべて当院に紹介されてきますので、1年間当院で研修をすると、主だった産科疾患はほぼ経験することができます。悪性腫瘍に対しても婦人科腫瘍専門医・臨床細胞学会認定医・がん治療認定医である藤本を中心に積極的に取り組み、さらに充実・発展しつつあるところです。婦人科手術では鏡視下手術を積極的に取り入れており、良性の子宮摘出術の約7割、子宮筋腫核出術の9割近くは腹腔鏡で行っています。さらに低侵襲な手術を目指して日々取り組んでおります。

外来診療表

時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 9:00~11:30
土曜日 (11:00迄)
古田
赤羽
片岡
川嵜 田沼
古田
交替制(新患のみ)
午後 2:30-4:00 田沼
古田
赤羽
術前外来:
田沼/古田
手術 腫瘍外来
古田
術前外来 :
田沼/奥
手術

お知らせ

特になし。

外来休診情報

【産婦人科】
中川絹子 医師
3月31日(土)不在です。
中陳 哲也
3月30日(金)不在です。

時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 9:30-11:30
土曜日 (11:00迄)
片岡 田沼 片岡 古田
午後 2:30-04:00 赤羽 川嵜 手術 産後外来:赤羽/川嵜 手術

お知らせ

特になし。

外来休診情報

【産婦人科】
中川絹子 医師
3月31日(土)不在です。
中陳 哲也
3月30日(金)不在です。

医師紹介

片岡 宙門 (かたおか そろもん)
診療部長兼総合周産期センター長(産科部門)

北海道大学医学部 平成5年卒業

専門分野

周産期

主な経歴

北海道大学病院を含む道内医療機関にて産婦人科研修
平成9年より 計3年間市立札幌病院NICU及び盛岡赤十字病院NICUにて新生児医療に従事
平成13年 北海道大学病院周産母子センター
平成17年より 函館中央病院産婦人科

 

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会専門医・産婦人科指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医・暫定指導医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
母体保護法指定医

ひとこと

  産婦人科専門医として、産婦人科医療全般に当たらせていただきます。 特に、当院は道南の周産期センターとしての役割を期待されておりますので周産期専門医とし て、一日一日目の前の一人一人の患者さんに集中することで、その業務の一端を果たさせてい ただきたいと思っています。

田沼 史恵 (たぬま ふみえ)
産婦人科科長

北海道大学医学部 平成11年卒業

専門分野

周産期医学、婦人科腫瘍

主な経歴

平成11年 北海道大学病院産科 函館中央病院
平成12年 滝川市立病院
平成15年 国立函館病院
平成16年 市立函館病院
平成18年より 函館中央病院産婦人科

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

ひとこと

  ひとりひとりの患者さまに不安なく治療を受けて 頂けるように努めたいと思います。また分娩される方には安全なことはも ちろんですが良好な母子関係につながるような、満足できる「いいお産」 ができるよう支援できたらと思っています。

古田 祐(ふるた ゆう)
産婦人科医長

獨協医科大学医学部

専門分野

産婦人科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

日本産科婦人科学会専門医

ひとこと

奥 聡(おく あきら)
産婦人科医長

北海道大学医学部 平成25年卒

専門分野

産婦人科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

ひとこと

赤羽 慧一郎(あかばね けいいちろう)
産婦人科医員

北海道大学医学部

専門分野

産婦人科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

ひとこと

川嵜 彩(かわさき あや)
産婦人科医員

金沢医科大学 平成27年卒業

専門分野

産婦人科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

ひとこと

診療科案内トップページへ