平成27年度 社会福祉法人函館厚生院 函館中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1289 311 297 467 582 795 1469 1798 1217 234
 平成27年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しております。
 当院の入院患者は60歳~80歳代が多く、60歳以上の患者さんの割合が、56%を占めております。また当院は、北海道総合周産期母子医療センタ-の機能を備えているために、新生児を中心とした10歳未満の患者数も多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

戻る

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 80 15.95 15.35 5.00 63.05
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 55 15.15 14.34 14.55 77.31
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 21 17.71 12.60 9.52 77.95
手術患者の血糖コントロ-ル患者が多く、平均在院日数は、全国平均とほぼ同じです。
高齢者の肺炎罹患が年々増加しています。

戻る

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 80 5.15 4.51 0.00 65.69
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 70 7.24 4.53 0.00 68.46
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 50 3.04 2.76 0.00 63.72
大腸がんにおける化学療法患者が多く見られます。

戻る

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 90 3.17 5.95 0.00 69.71
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 31 29.45 26.02 19.35 82.26
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 29 12.66 17.15 0.00 64.93
 狭心症の症例が最も多くなっています。予定、緊急問わず診断のための心臓カテ-テル検査を多く行なっています。クリニカルパスを使用していることから、全国の在院日数に比べて短い傾向にあります。

戻る

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 263 5.10 5.72 0.00 1.85
030270xxxxxxxx 上気道炎 108 4.12 4.83 0.00 1.63
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 108 3.93 5.50 0.00 3.57
 小児科では肺炎や上気道炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。特に肺炎は患者さんの平均年齢が2歳未満であり、小さなお子さんの呼吸器疾患治療の重要性がうかがえます。

戻る

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 48 24.10 30.64 6.25 72.52
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 26 5.46 5.56 0.00 35.00
060335xx02010x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 25 10.40 15.44 0.00 62.00
 大腸がんに対する腹腔鏡下の手術が多く、入院期間もクリニカルパスを利用しており、全国平均よりも短い傾向にあります。術後の早期退院を図るために、低侵襲手術を取り入れています。

戻る

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx97xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術あり 236 27.85 28.68 63.98 78.57
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 147 21.86 24.28 50.34 79.03
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 135 32.11 23.32 17.78 71.45
 昨今の高齢化に伴い、骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折の症例が最も多くなっています。転院率は約64%で、症状が安定後近隣の回復期病院へ転院していただいております。

戻る

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 65 5.77 4.38 0.00 47.06
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり 31 10.61 6.31 0.00 53.42
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 28 8.14 5.86 0.00 19.46
 皮膚良性・悪性腫瘍切除術および外傷の治療に積極的に対応しております。

戻る

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 52 21.00 18.08 57.69 73.21
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 19.31 15.80 55.17 75.48
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 18.38 19.32 61.90 67.05
 未破裂脳動脈瘤手術、急性期脳卒中、頭部外傷の治療を多く行なっており、転院率は約60%で、症状が安定後近隣の回復期病院へ転院していただいております。

戻る

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 10 28.60 25.69 0.00 71.00
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし 10 9.60 14.76 0.00 79.00
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) 手術あり 10 8.80 10.84 0.00 75.00
 虚血性心疾患に対する手術や下肢静脈瘤の手術を積極的に行なっております。

戻る

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 66 6.44 6.50 0.00 46.68
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 51 6.67 6.67 0.00 43.18
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 47 4.30 5.11 0.00 58.77
 婦人科系の良性・悪性腫瘍に対する治療を積極的に行っております。平均在院日数は、全国平均とほぼ同じとなっております。術後の早期退院を図るために、低侵襲手術を取り入れています。

戻る

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - - 8.88 - -
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - - 9.57 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.43 - -
 当院眼科の入院は、手術を目的とする入院が大半を占めております。その中でも白内障の手術を行なう症例が多くなっております。

戻る

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 71 12.97 9.60 0.00 57.25
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 56 5.71 5.53 0.00 37.20
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 51 10.39 8.20 0.00 16.96
 突発性難聴の患者が多く、高気圧酸素療法を行なっており症状により治療期間が異なるため、平均在院日数は全国平均より若干長くなっております。

戻る

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 61 8.26 8.97 0.00 72.21
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 9.64 11.97 0.00 70.71
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 31.95 - -
 帯状疱疹、急性膿皮症といった急性期感染症の入院が多くを占めております。

戻る

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 62 11.65 7.59 1.61 75.10
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 8.12 13.64 5.88 63.06
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 16 8.94 12.36 0.00 74.44
 前立腺がんに対する針生検や、膀胱がんの症例が多くなっています。術後の早期退院を図るために、低侵襲手術を取り入れています。また、慢性腎不全に対する人工透析の導入も行なっております。

戻る

麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.0 - -
 周術期における麻酔管理がメインとなっておりますが、手術後の疼痛管理も行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 19 24 34 25 24 1 6,7
大腸癌 12 14 65 90 47 138 1 6,7
乳癌 21 31 - - 12 83 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - 14 - - 29 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステ-ジ)ごとに入院した患者数の集計を行なったものです。当院は、北海道がん診療連携指定病院の機能を備えており、放射線治療を除くがん治療の提供を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 17 13.06 42.29
重症度 1 21 13.38 76.38
重症度 2 22 21.86 83.82
重症度 3 10 17.80 85.10
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 成人(20歳以上)の肺炎の患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。高齢になるにつれ、重症度が高くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 131 23.27 75.11 67.18
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております。当院では、脳卒中地域連携パスを整備しており、地域の回復期病院や開業医と連携体制を整え、早期退院を進めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 29 1.03 1.31 0.00 64.34
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 13 0.54 1.00 0.00 64.08
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
 大腸・直腸のポリ-プ切除術を多く実施しております。早期がんについてはESDを実施しております。緊急時における止血術にも対応しています。

戻る

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸粘膜切除術(2cm未満) 121 1.19 1.64 0.00 67.17
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 51 1.42 1.40 0.00 64.58
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 5.55 14.19 0.65 78.55
 大腸・直腸のポリ-プ切除術を多く実施しております。早期がんについてはESDを実施しております。緊急時における止血術にも対応しています。

戻る

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 39 4.21 2.85 2.56 67.92
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 22 0.00 17.09 4.55 67.59
K597-2 ペースメーカー交換術 10 1.30 6.90 0.00 79.00
 循環器科では、狭心症および急性心筋梗塞の治療のための経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)を多く施行しています。救急患者にも対応可能です。

戻る

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 31 0.94 3.58 0.00 0.90
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
 当院では、出生時における新生児の仮死蘇生術を多く行なっており、中でも仮死度第1度の症例が最も多く挙げられます。

戻る

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 56 10.14 20.98 8.93 72.63
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 46 2.15 5.65 2.17 67.72
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 43 6.49 6.88 0.00 63.79
 症例数のみの集計を行うと、当院で最も多いのは上記3つです。悪性腫瘍に対する手術は多くの消化器疾患についても行っております。また、乳腺、乳がんについても幅広く手術を行っております。

戻る

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 171 4.75 29.84 22.81 71.05
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 166 5.14 19.70 10.84 60.27
K0821 人工関節置換術(股) 129 4.36 29.19 6.20 71.22
 当院には、脊椎脊髄病の指導医が多く在籍しており、腰部脊柱管狭窄症や腰部の変性疾患に対して手術を行なっております。また、変形性膝関節、変形性股関節に対しての人工関節置換術も行なっております。そのほか、救急や外傷患者に対しても幅広く対応しております。

戻る

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 48 2.19 9.77 2.08 77.27
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 46 2.63 6.35 0.00 51.39
K0051 皮下腫瘍摘出術(露出部・径2㎝未満) 27 0.78 1.44 0.00 35.07
 皮膚良性・悪性腫瘍切除術に積極的に対応しております。

戻る

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 11 1.82 8.45 27.27 80.64
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -
 未破裂脳動脈瘤手術などの脳血管疾患について、予防的観点に立ち、積極的に治療しております。

戻る

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 14 7.57 18.79 0.00 65.64
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 - - - - -
 虚血性心疾患に対する手術や下肢静脈瘤の手術を積極的に行なっております。

戻る

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡) 83 1.16 4.196 0.00 43.73
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 66 1.17 5.12 0.00 47.48
K867 子宮頸部(腟部)切除術 57 1.23 2.00 0.00 39.05
 北海道周産期母子医療センタ-の指定を受け、近隣の医療機関よりリスクの高い妊婦さんの受け入れを行なっており、帝王切開も多く扱っています。また、婦人科系の良性・悪性腫瘍に対する治療を積極的に行っており、術後の早期退院を図るために、低侵襲手術を取り入れています。

戻る

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 162 0.42 3.24 0.62 74.39
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
K2682 緑内障手術(流出路再建術) - - - - -
 白内障に対する手術を多く行なっております。

戻る

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 52 1.27 9.58 0.00 20.40
K309 鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術 51 1.25 0.78 0.00 7.08
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数)副鼻腔手術) 38 1.71 7.79 0.00 53.24
 近隣の開業院の先生方よりご紹介いただいた、口蓋扁桃手術、滲出性中耳炎の鼓膜チュ-ビングを行なう症例が多くなっており、クリニカルパスを利用し、早期退院できるように対応しております。

戻る

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 64 3.53 7.17 1.56 75.17
K610-3 内シャント設置術 18 6.22 5.78 11.11 64.89
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 3.36 12.07 7.14 68.57
 膀胱、腎、尿管のがんに対する手術を多く行なっております。術後の早期退院を図るために、低侵襲手術を取り入れています。

戻る

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 16 0.19
180010 敗血症 同一 - -
異なる 24 0.28
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 102 1.21
異なる - -
 播種性血管内凝固症候群や敗血症(臨床上ゼロにはありえないものの少しでも改善すべき病名)について、入院の契機となった病名と同一性の有無を区別して、患者数と発症率を示しております。合併症については患者さんの状態によって引き起こされる確立は様々であり、臨床上ゼロにすることは難しいですが、細心の注意を払い対応しております。

戻る

更新履歴
2016年9月5日 初版作成
2016/09/15 第2版(一部データ修正、全国平均在院日数追加)
2016/09/29 第2.5版(一部データ修正,各種定義、コメント追加)