整形外科専門研修専攻医募集
整形外科専門研修専攻医募集

プログラム責任者

金山 雅弘 (カナヤマ マサヒロ)

金山 雅弘 (カナヤマ マサヒロ)

副院長兼脊椎センター長兼総合医療支援センター長
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

ひとこと

函館中央病院は認可病床527床、常勤医師数82名(うち初期研修医6名)の総合病院です。整形外科は125床(3病棟)、11名の整形外科医(うち8名が専門医)で年間約1200例の手術を行っています。脊椎・上肢・下肢・外傷の各サブスペシャルティの専門医が在籍していますので、脊椎は年間約500例(外傷20例)、下肢は約500例(外傷230例)、上肢は約200例(外傷100例)の手術件数があり、幅広く専門的知識を学ぶことができます。若手医師もカンファレンス等で自らの診断・治療プランをしっかり呈示することできれば、指導医のサポートのもと執刀医として手術経験を積む機会が得られます。
一方、北海道南部の地域基幹病院として自己完結型の医療が可能であり、専攻医の先生方も、初診から手術・治療経過まで1人の患者の経過を可能な限り長く観察して臨床能力を磨くことができます。また、臨床研究などアカデミックな活動にも力を入れており、毎年継続して日本整形外科学会や整形外科関連の国際学会で研究成果を数多く発表しています(若手研修医の先生も積極的に発表しています)。本プログラムでは、臨床能力のみでなく臨床研究を遂行する能力(臨床力と研究力の二刀流)を獲得できる機会があることが大きな特徴です。
また、整形外科研修プログラム修了後は、サブスペシャルティ領域の専門医取得を目指す先生が多いと思います。現在、整形外科関連のサブスペシャルティ専門医としては、脊椎脊髄外科専門医、手外科専門医、リウマチ専門医がありますが、本プログラムでは北海道大学整形外科と連携しサブスペシャリティ領域研修にスムーズに移行できます。また、大学院(基礎研究で学位を取得する基礎医学コース、臨床をしながら臨床研究で学位を取得する臨床医学コース)へ進学し学位取得の道も開かれています。
地域医療に貢献しようという志をもった専攻医の先生方にも、医師不足地域での地域医療の研修と同時に多くの専門的な研修と研究の環境を提示できるプログラムです。(例えば、北海道地域枠の先生方には、指定医療機関への配置の条件を満たしながら研修できるプログラムになっています)。
初期研修医の先生方は将来の整形外科医療にとっての宝です。本プログラムの研修で、臨床・研究とも自立した整形外科医に成長できることを我々は確信していますし、楽しみにしています。ともに学んでいきましょう。

プログラムの概要

プログラム専攻医定員

各年次 3名 合計12名

プログラム研修期間

4年間

当院の特徴

 当院は、社会福祉法人函館厚生院が経営する病院として昭和5年6月1日に誕生、本年で85周年を迎えます。「心ある医療」を医療理念とし、開設以来一貫して道南圏における急性期医療を中心に担ってまいりました。道南唯一である総合周産期母子医療センタ-指定や北海道がん診療連携指定病院指定、ICUセンタ-の開設、二次救急輪番を担うなど、急性期病院として、地域から信頼されるべく医療体制を整えております。

 函館市を含む道南圏は1県に匹敵する面積・人口を抱えるにもかかわらず、医学部・医科大学は無く、その使命は地域の基幹病院が担っています。函館中央病院は整形外科のサブスペシャリティである脊椎、上肢・手、下肢、外傷の各分野の専門医が在籍し、道南圏での整形外科医療の中心的な役割を担っているため、症例数も多く、幅広く専門的知識を学ぶことができます。

 また、地域基幹病院として、プライマリケアから専門的な診断・治療、長期の経過観察まで一貫して行っています。この特性を生かし、専攻医は診断・治療にかかわった患者の経過を可能な限り長く観察し、診断・治療の妥当性を自ら評価し、臨床経験を積むことができます。

 さらに、北海道大学と地域医療研修病院と連携することにより、プライマリ・ケアから最先端の臨床・研究までを偏りなく学ぶことができます。

研修ローテーション

モデルとなるローテーション例

1年目2年目3年目4年目
専攻医A函館中央病院北大病院函館中央病院地域関連病院
専攻医B函館中央病院地域関連病院函館中央病院北大病院
専攻医C
地域枠医師の場合
地域関連病院地域関連病院函館中央病院函館中央病院(6M)
北大病院(6M)

※ 函館中央病院:18-24ヶ月, 北大病院:6-12ヶ月, 地域関連病院:12-24ヶ月(倶知安厚生病院, 小樽市立病院, 八雲総合病院)

※ 北海道地域枠医師の勤務条件にも対応可能です

研究施設

連携研修病院群

【研修病院群と指導可能な研修領域】

連携研修病院群

プログラム

函館中央病院整形外科専門研修プログラムPDF ※サイズ288KB
プログラム紹介スライドPDF ※サイズ505KB

※『専門研修プログラム』は、日本専門医機構の一次審査を通過したものであり、今後二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。

募集要項

平成30年度 整形外科専門研修プログラム専攻医 募集要領

 

募集人数 3名
処遇

[身分]
 常勤嘱託医
[給与]
 本俸+研究手当+賞与(12ヶ月均等払い)+諸手当*1
   *1 諸手当:扶養手当・通勤手当・住宅手当(病院契約による近隣マンション等の斡旋あり)
※当院規定により支給

 救急日当直研修手当(救急指定日当直研修時)
   ※救急指定日当直研修時に、当院支給規定により支給

 出張旅費 
   ※旅費は当院支給規定により支給

 福利厚生
   社会保険・健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険 加入
   職員互助会制度あり

 休暇 年次有給休暇
   初年度10日・次年度11日+前年度繰越日数
   年末年始休暇 12月30日~1月4日
   連続休暇 連続した3日間の特別休暇

応募資格 原則として医師臨床研修(国の医師臨床研修制度による)を平成31年3月末に終了予定(又は終了して
いる)の医師(臨床研修医)。かつ当院の整形外科専門研修を希望する者。
応募書類 次の書類について、郵送(書留)の上、提出願います。
●整形外科専門研修申込書(当院指定様式)・・・・・1通(こちらからダウンロードしてください)
●履歴書(当院指定様式)・・・・・1通(こちらからダウンロードしてください)
●初期研修修了(見込み)証(写し)・・・・・1通
●医師免許証(写し)・・・・・1通
●麻薬免許証(写し)・・・・・1通
応募期間 1回目
2回目
※日程につきましては、確定次第ホームページにてお知らせいたします。
試験日時 ※選考試験の日程等は、後日応募者へ直接通知いたします。
※特別な事情等による受験日程の調整は、できる限りご相談に応じますので、お申し出ください。
試験会場 当院
選考方法 面接試験
研修期間 2019年4月1日より4年間

快適な研修環境 研修医役宅

住宅については、病院契約による近隣のアパートを斡旋しております。
また、市街中心部という立地条件を考慮し、住宅手当を支給しております。
※詳細は、募集要領を参照ください

快適な研修環境 研修医役宅

申請書書式・お問い合わせ先

申請書書式は以下からダウンロードいただけます

※閲覧、印刷していただくには、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして下さい。

Adobe Reader

実習または見学を希望される方へ

事前に当院での実習または見学を希望される方は、お電話またはメール にて申込みを受付しております。
お申込み先

実習または見学を希望される方へ

お問い合わせ・ご応募は・・・

函館中央病院
臨床研修事務局

杉 田 直 人

〒040-8585 北海道函館市本町33番2号

Tel  0138-52-1231

Fax 0138-54-7520

E-mail seikei-senkou@hakochu-hp.gr.jp