中央病院からのお知らせ
中央病院からのお知らせ

市民公開講座のお知らせ

当院では、道南地域の一般住民の方々へ、最新医療の情報や医療の専門知識を知ってい
ただくため、市民公開講座を開催しております。医師をはじめとする医療従事者と市民
の方々との交流の場となり、地域医療の発展が狙いです。

第14回函館中央病院市民公開講座 開催
当院では、道南地域の一般住民の方々へ、最新医療の情報や医療の専門知識を知ってい
ただくため、市民公開講座を開催しております。医師をはじめとする医療従事者と市民
の方々との交流の場となり、地域医療の発展が狙いです。
第14回目の講座は当院 整形外科 大羽 文博 科長 が講師となり、
『 放って置くと怖い骨粗しょう症 』
と題して講座を行います。
「“ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)”という言葉をご存知ですか?
“ロコモ”は、運動器の衰え・障害によって、移動機能が低下をきたし要介護になるリ
スクが高まる状態のことです。そんな“ロコモ”の代表的な病名が“骨粗しょう症”で
す。“骨粗しょう症”による骨折から、要介護状態になる人も多く、重症な場合には寝
たきりになってしまいます。
今回の市民公開講座ではそんな“ロコモ”や“骨粗しょう症”について、当院 整形外科
長である大羽医師がお話しする予定です。

開催年月日:平成28年8月20日(土) 13:00~14:30(開場12:30)
開催場所:函館中央病院 南棟8階 講堂
主催:函館中央病院
参加費用:無料(事前申込不要・直接会場へ)
演題:「放って置くと怖い骨粗しょう症」
講師 函館中央病院 整形外科 大羽 文博 科長