麻酔科
麻酔科

麻酔科は、手術室における手術中の麻酔や周術期の全身管理をはじめ、外来ではペインクリニック(痛みに対する治療)や安全な麻酔管理のために手術前診察を行っています。手術室では、外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科口腔外科、内科に至る年間4,500件を超える様々な症例のうち3,200件以上の全身麻酔管理を行っています。常に"安全第一"を目標に、吸入麻酔と静脈麻酔を中心に硬膜外麻酔や脊髄くも膜下麻酔などをうまく組み合わせて患者様の全身状態の安定をはかっております。手術後もできるだけ痛みを感じることのないように、積極的に疼痛管理を行なっています。
例えば、胸部・腹部手術では硬膜外麻酔といって、細いチューブを背中から挿入し疼痛の軽減を行ないます。他の部位の手術でも可能な限り硬膜外チューブを挿入し、1日中麻酔薬を持続投与しています。
ペインクリニック外来では、帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、肢指末梢の循環障害による痛み(バージャー病、レイノー病、ASOなど)、糖尿病性神経痛、慢性疼痛、反射性交感神経萎縮症、カウザルギーなどに対して神経ブロック、レーザー治療、経口薬物療法、点滴薬物療法、漢方治療を行っております。さらに難治性疼痛や末梢循環不全に対して硬膜外に電極を挿入し、脊髄を刺激して疼痛の軽減や循環の改善を行う治療もしております。
その他、高圧酸素療法も1日2~5症例を行っております。臨床工学士が専任でつきます。この治療は気圧を2気圧に加圧し1~2時間保つことによって、体内に酸素を取り込む治療法です。次のような疾患が代表的です。一酸化炭素中毒(火事など)、脊髄梗塞、消化管イレウス、顔面神経麻痺、突発性難聴、網膜動脈閉塞症、骨髄炎など。
その他様々な痛みに対して治療を行っていますので、一度お問い合わせ下さい。

得意・専門とする分野

 末梢性顔面神経麻痺

耳鼻科と協力し星状神経節ブロックを中心に高圧酸素療法、薬物療法を組み合わせて治療しています。

 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛

皮膚科と協力し経口、点滴薬物療法、レーザー照射、また硬膜外ブロックを積極的に行い除痛、神経の回復をはかっています。

 末梢循環不全

硬膜外ブロック、局所静脈内交感神経ブロックさらに胸部腰部交感神経節ブロックを行っています。

 腰痛、肩関節痛

トリガーポイント注射、硬膜外ブロックなどの神経ブロックやレーザー照射を行っています。

 三叉神経痛

神経ブロック、薬物療法を組み合わせて治療しています。

その他様々な痛みに対して治療を行っていますので、一度お問い合わせください。

臨床研修における特徴

私は二年間函館中央病院で初期研修を修了した後北大麻酔科に入局し、3年目も中央病院に残り研修しています。初期研修施設として、学生の皆さんに中央病院を少しでも知っていただきたく、麻酔科研修の紹介をさせて頂きたいと思います。
函館中央病院は年間全麻件数3077件(平成21年度)と手術件数が非常に多く、さらに心臓血管外科、脳神経外科など外科系のバリエーションも充実した病院で、様々な手術麻酔を経験できます。科長の斉藤先生をはじめ上の先生方は皆教育的で、研修医はまずはマスク換気・気管挿管・静脈ライン確保などの基本的手技を徹底的に叩き込まれるわけですが、手技の習得に関しては中央病院の全麻件数の多さがこれ以上ない恵まれた環境となります。豊富に与えられるチャンスを試行錯誤しながらこなすことで、確かな技術を身につけることができます。また手術前日に患者を診察し、麻酔を受けるに当たってのリスクを評価する術前診察も研修医の重要な仕事として任されます。全身状態を限られた時間で素早く評価する良いトレーニングになり、これは救急外来などで非常に大きな財産となりました。中央病院は救急部がないことが研修病院としての弱点と思われるかもしれませんが、3ヶ月の麻酔科研修と二年間の指定日当直を経験することで、救急のcommon diseaseには十分対応できるようになります。研修医といえど麻酔科の一員として責任を与えられ、多くの反復練習をこなせる環境は、成長するにあたって非常に恵まれた環境であると思います。
おそらく多くの学生にとって、麻酔科の仕事とは最もイメージが沸きにくいものの一つで、在学中から麻酔科に興味を持つ方は決して多くないと思います。私ももともとは内科系志望でしたが、中央病院での研修で麻酔の奥深さ・やりがいを知り、麻酔科に進むことになりました。中央病院の麻酔科研修は、自信を持って勧めることが出来ます。
最後に余談ですが、臨床研修委員長の本橋副院長は非常に面白い先生で、研修医にもとてもフランクな方です。中央病院を選んでくれた学生の研修生活が充実し、何より「楽しい」ものになるよう全力でサポートしてくれるはずです。これを読んだ学生が中央病院で初期研修を選び、麻酔科に興味を持っていただけたら幸いです。
(麻酔科 相川医員)

外来診療表

時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 10:15-11:30 那須 瀧川 斉藤(達) 瀧川 斉藤(達) 那須
午後 2:00-4:00 手術 手術 手術 手術 手術

お知らせ

特になし。

外来休診情報

特になし。

医師紹介

斉藤 達志 (さいとう たつし)
診療部長兼ICUセンター長

旭川医科大学医学部 昭和63年卒業

専門分野

麻酔科全般  ペインクリニック

主な経歴

昭和63年北海道大学病院 麻酔科
平成元年旭川厚生病院
平成3年伊達赤十字病院
平成5年北海道大学病院 麻酔科
平成6年函館中央病院 麻酔科

指導医・認定医・専門医

日本麻酔科学会指導医

ひとこと

  麻酔科専門医として一人前になるには、少なく ても10年以上かかります。この期間は長いようですが、医療の安全を考 えればむしろ短いと考えます。麻酔医の仕事は手術のための麻酔、救急 医療、集中医療、ペインクリニックを中心に医療を行っています。スタ ッフは5人です。今年の4月に人事異動があり現在は指導医1名、専門医2 名で10月に専門医試験を受ける医師が1名います。他に研修医が1~2名 います。平成17年度の手術件数は4728件でうち、麻酔科管理は3306件で した。患者さまにとって“麻酔はこわい”という印象が強いかもしれま せん。全身麻酔は麻酔薬の進歩もあり、手術室に入室してから2~5分で 寝てしまいます。(麻酔がかかります)その後は手術が終わるまで何も わかりません。手術後も痛みはほとんどありません。スタッフ共々、手 術の時だけでなく手術前後も安心して入院生活を過ごされるように“心 ある医療”を提供したいと切に願っております。

瀧川 聰 (たきかわ さとし)
麻酔科科長兼ICU副センター長

旭川医科大学医学部 平成5年卒業

専門分野

麻酔科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会認定医

ひとこと

那須 智樹(なす さとき)
麻酔科医長

弘前大学医学部 平成13年卒業

専門分野

麻酔科

主な経歴

平成15年茅ヶ崎徳洲会病院
平成23年北海道大学病院麻酔科
平成24年釧路労災病院麻酔科
平成25年3月砂川市立病院麻酔科
平成25年4月函館中央病院麻酔科医長
平成27年北大病院
平成28年函館中央病院麻酔科医長

指導医・認定医・専門医

ひとこと

4月より麻酔科に赴任いたしました那須と申します。函館を中心とした道南の医療に貢献できますよう、精進してまいりたいと存じます。よろしくお願い致します。

伊藤 歩(いとう あゆみ)
医長

宮崎大学医学部 平成19年卒業

専門分野

麻酔科一般

主な経歴

平成19年4月市立函館病院臨床研修医
平成20年4月北海道大学病院 臨床研修医
平成21年4月北海道大学病院 麻酔科
平成22年4月函館中央病院 麻酔科
平成24年4月市立札幌病院 麻酔科
平成25年4月北海道大学病院 麻酔科

指導医・認定医・専門医

日本麻酔科学会認定医

ひとこと

高島 史樹(たかしま ふみき)
麻酔科医員

札幌医科大学 平成25年卒業

専門分野

麻酔科

主な経歴

平成25年KKR札幌医療センター
平成27年北海道大学病院麻酔科
平成28年函館中央病院麻酔科

指導医・認定医・専門医

ひとこと

秋田 敬介(あきた けいすけ)
麻酔科医員

札幌医科大学医学部

専門分野

麻酔科

主な経歴

指導医・認定医・専門医

ひとこと

診療科案内トップページへ