循環器内科
循環器内科

 主に急性心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、心不全、心筋症、心臓弁膜症、不整脈などを対象に診療を行っています。循環器の専門的な検査として、外来ではホルター心電図、心エコー、トレッドミル運動負荷試験、負荷心筋シンチグラムなどの各種RI検査、CT/MRIなどが可能であり、入院での検査としては心臓カテーテル検査(冠動脈造影を含む)、電気生理学的検査や心筋症などへの心筋生検などがあります。特に循環器救急疾患である急性心筋梗塞、不安定狭心症を含む急性冠症候群やうっ血性心不全などの疾患の診療に重点を置いており、これらの疾患に対しては24時間体制を取り対応しています。

 急性心筋梗塞、不安定狭心症に対しては、全身状態が許す限り入院後速やかに冠動脈造影を行い、病態、重症度を把握し、主にステント留置術による血行再建を行っています。重症例には大動脈バルーンポンピングを使用する場合もあります。安定狭心症も適応患者さんに対しては、経皮的冠動脈形成術やステント留置術を行っています。術後の安静度の軽減のため通常の大腿動脈アプローチに加え橈骨動脈アプローチでも行っています。

 様々な心疾患が原因となる心不全、特にうっ血性心不全に対しても速やかな症状の改善及び原因心疾患への治療を行ってい ます。また、慢性心不全に対しては、最近のEvidence-based medicineを踏まえ、積極的にACE阻害薬やアンジオテンシン 受容体拮抗薬及びβ遮断薬などを導入し予後の改善やQOL向上につとめています。

 洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対しては、徐脈に伴うめまいや失神などの症状や電気生理学的検査にて適応があればペースメーカーの植え込み術を行っています。薬物抵抗性や生命に危険な頻脈性不整脈に対しては、北大循環 器内科及び不整脈治療を専門的に行っている関連施設でのカテーテルアブレーションも可能です。

 冠動脈バイパス術や弁膜症手術の適応患者様には、心臓血管外科と協力し円滑に手術ができるようにしています。

 当院では平成20年7月1日より受付窓口を午前8時30分から開始しております。
内科外来で患者さまに問診票を書いて頂き、午前9時からの診療となりますが、午前8寺30分~午前8時50分頃の受付患者さまに限り、待ち時間を短縮し、早めに受診していただけるように努力しております。

 タバコをやめたいけど、なかなかうまくいかないという方、やめられないのは「意思が弱いから」だけではありません。
禁煙の秘訣はあなたの決意と周囲のあたたかい支援です。当院循環器内科外来では、専門外来として『禁煙外来』を開設し、タバコをやめたい方を支援しています。

禁煙外来保険対応について

 これまでタバコは『嗜好品』という扱いでしたが、タバコ関連病が明らかになり、現在では“「ニコチン依存症」という病気である”という認識になっています。
さまざまな疾患の改善・予防に効果的である『禁煙』に対し、当院では平成18年12月より医師・看護師による禁煙のアドバイスと禁煙補助薬による保険治療を開始しました。
保険適応には様々な条件がありますので、初回問診時に判断させていただきます。また、12週間の間に5回の診察が必要となります。

保険診療上の患者さまの条件

(1)ただちに禁煙しようと考えている

(2)質問表でニコチン依存症と診断される方

(3)1日に吸うタバコの本数 × 年数 が200以上の方

以前、この広報誌「電車どおり」で、禁煙外来を受診し、見事禁煙に成功した方の感想を掲載しました。
健康に良いだけではなく、タバコ賃が浮くなどたくさんのメリットがありました。また、禁煙サポートプログラムがあり、医師や看護師 もサポートしますので、自分ひとりだけの取り組みではありません。簡単に禁煙出来ないのは、中毒性物質のニコチンが原因です。タバ コにはニコチンだけではなく発ガン性物質も含まれている為、タバコを吸わない小さなお子さんがいる方は、お子さんにも発ガン性物質 を吸わせていることになります。結局、タバコを吸っていても良い事はないのです。
禁煙外来で禁煙に成功した方はたくさんいますので、「自分だけではどうしてもやめられない」「自分と周囲の方の健康の為にぜひ禁煙 したい」という方は、当院の禁煙外来をお勧めします。詳しい内容は循環器内科外来までお問い合わせ下さい。

禁煙外来

毎週月曜日15:00~16:00
循環器内科外来(要予約)
担当医師:循環器内科 浅島弘志医師

[臨床研修における特徴]
当院における循環器内科研修は、院内研修プログラム2年間の1年目の内科研修6ヶ月の中で6週間の予定で組まれています。
院内研修プログラム2年目でさらに循環器科研修を希望する場合及び大学で1年間研修後2年目に当院で研修するプログラムの場合は 2年目にも研修ができるようなシステムになっています。ただその際にはより専門的なことを学んでもらうために2ヶ月以上の研修を お願いしています。
研修では、様々な循環器疾患の入院患者さんの病歴聴取、身体所見の取り方、診断・検査の進め方、治療について、指導医について 学んでいきます。
循環器科の患者さんは高齢者が多く、糖尿病や慢性腎臓病などの循環器以外の疾患の合併も多く、合併症を有する循環器疾患への点 滴及び薬物治療も学ぶことができます。また循環器科の特徴として、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの急性冠症候群や急性心不全 などの救急疾患に対応も重要で、診断・治療の進め方を実際に緊急冠動脈造影や冠動脈インターベンションに参加して学びます。
予定の検査・治療にも積極的に参加し、心臓カテーテル検査では実際に術者として、冠動脈インターベンションでは助手として参加 できます。緊急の体外式ペースメーカーは術者として、体内式ペースメーカー手術にも助手として参加できます。さらに心電図やモ ニターの見方を集中的に学ぶ非常にいい機会でもあります。
内科領域のひとつとして、循環器領域は研修したことが将来どの診療科を選択する場合でも必ず役に立つと思います。
(循環器内科 浅島診療部長)

外来診療表

時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 9:00-11:30 浅島
牛島
浅島 斉藤
橋本
交替制(10:30~)
橋本
浅島
斉藤
交替制
橋本(予約のみ)
午後 午後休診 禁煙外来
浅島
3:00-4:00
休診 橋本(予約のみ) 橋本(予約のみ) 橋本(予約のみ)

お知らせ

特になし。

外来休診情報

浅島弘志 医師  
12月3日(日)~12月10日(日)不在です。

医師紹介

浅島 弘志(あさじま ひろし)
診療部長

北海道大学医学部 昭和59年卒業

専門分野

循環器一般

主な経歴

昭和62年 市立札幌病院救急医療部
昭和63年 市立函館病院循環器科
平成4年 国立函館病院循環器科
平成11年 函館中央病院循環器科

指導医・認定医・専門医

日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医

ひとこと

高齢化社会、生活習慣病の増加に伴い、心臓の病気も増加傾向にあります。胸が痛い、息切れがする、動悸がする、血圧が高いなど気になる症状がある方は御相談下さい。

斉藤 尚孝 (さいとう なおたか)
循環器内科科長兼医療安全管理室長

北海道大学医学部 平成2年卒業

専門分野

循環器超音波診断 心血管インターベンション

主な経歴

平成2年 北海道大学病院循環器内科入局
平成3年 市立旭川病院循環器科
平成4年 札幌厚生病院循環器科
平成5年 市立札幌病院救急医療部
平成12年 函館中央病院循環器科
平成18年 市立函館病院循環器科
平成19年 函館中央病院循環器科

 

指導医・認定医・専門医

日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会専門医、指導医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医

ひとこと

牛島 桂司(うしじま けいし)
循環器内科医長

福岡大学医学部

専門分野

循環器一般

主な経歴

指導医・認定医・専門医

ひとこと

診療科案内トップページへ