医療機器管理室
医療機器管理室

A machine and human mediation
~機械とスタッフ、患者様との仲介役~


医療機器管理室は、年々進化する医療機器の管理を目的に2006年、中央棟3階に開設されました。
ここでは多種多様な機器の管理はもちろんですが、所属する9名の技士が院内様々な部署で機械の操作をメインとした治療、検査等を行っています。
医療機器の知識と技術を生かし、機器と患者様、もしくは機器とスタッフ間の橋渡しとなるべく、チーム医療の一員として患者様に安全・安心な医療を提供します。

臨床工学技士の採用情報を見る

臨床工学技士とは

院内ではCEやMEと呼ばれます。1988年に国家資格となった医療業界では新しい部類に入る資格で、医師の指示のもとに医療機器を操作し、患者様の治療や検査をお手伝いします。具体的には医療機器の操作、保守、管理、点検などの専門的な業務ほか、医療機器の勉強会なども開催しています。

手術室業務

全11室からなる手術室には、全身麻酔器、心電図モニター、電気メスなど様々な医療機器があり、安全・適正に使用出来るよう保守・点検を行っています。
手術の立会い操作としては、後述する人工心肺のほか、術中モニタリング(SEP,MEP)や自己血回収装置の操作を行っています。

人工心肺業務

手術室業務の中でも心臓外科手術の際には、一旦心臓の動きを止める場合があります。その間、心臓や肺の働きを代行するための人工心肺装置や、手術中心臓を保護する心筋保護装置の操作をしています。特に小児の心臓手術を行う施設は少なく、道南域では当院が唯一の施設となっています。

高気圧酸素治療(HBO)室業務

高気圧酸素治療とは、大気圧よりも高い気圧環境の中で、高濃度酸素を吸入することにより病態の改善を図ろうとする治療です。主な疾患としては一酸化炭素中毒、突発性難聴、腸閉塞、急性末梢循環障害、急性脊髄障害など多岐にわたり、年間治療件数は例年1000件以上となっています。

カテーテル検査室業務

循環器内科、心臓血管外科、小児循環器科の検査・治療が、安全かつスムーズに行えるようチーム医療の一員となり、サポートしています。
業務内容としては、患者様のバイタル監視や、清潔野における医師の介助、緊急時における補助循環装置(IABP、PCPS)および体外式ペースメーカの操作等多岐に渡ります。
心筋梗塞などの病気は、いつ発症するかわからず早急な治療が必要な為、緊急時に備え24時間オンコールにて対応しています。

内視鏡室業務

検査や治療で使用する内視鏡システムと電子スコープの操作や管理をしています。検査中は患者様の状態観察から組織の生検、ポリープの切除や内視鏡的止血などで処置具を操作し、医師の介助を行います。

ICU業務

手術後の患者様や重篤な疾患の患者様に対して治療を行う場所であり、臨床工学技士は生命維持管理装置である人工呼吸器やIABP(大動脈バルーンポンピング)、PCPS(経皮的心肺補助)のほか、各種血液浄化(血液透析、持続的血液透析ろ過、血液吸着、血漿交換)などの操作・保守・管理をしています。医師や看護師と協力し、チームとして治療のサポートをしています。

NICU業務

当院は道南で唯一総合周産期母子医療センターの認定を受けており、入院中の重症患児は人工呼吸器や生体情報モニターなどに囲まれています。また、脳低温療法やNO(一酸化窒素)療法などの特殊な治療装置もあり、臨床工学技士はそれらを安全に使用できるよう操作・保守・管理等をしています。

医療機器管理室業務

医療機器管理の専用ソフトを使用し、輸液ポンプやシリンジポンプなどの医療機器が院内で効率よく運用できるように中央管理しています。また、医療機器安全ニュースを発行することで、情報提供と医療安全に努めています。

透析室業務

当院の透析室は、透析導入期の患者様や各診療科で入院加療が必要な患者様、外来維持透析の患者様のほか、旅行で函館に来られた方の透析も行っています。
更に緊急入院や手術前後の緊急透析、病棟やICUでの透析など、各種血液浄化に24時間体制で対応しています。
また、透析装置の管理や透析液清浄化管理(各種生菌検査等)を定期的に行ない、泌尿器科のDrや看護師とのカンファレンスにて患者様に合わせたダイアライザーの選定や治療方針を決定しています。

その他の業務~


専門資格の取得

透析技術認定士、体外循環技術認定士、医療機器情報コミュニケータ各1名のほか、「臨床高気圧酸素治療技師」の資格取得を予定しています。

学生の臨床実習

道内にある臨床工学技士養成校より、毎年数名ではありますが実習生を受け入れています。可能な範囲で機器に触れ、患者様と接することで、出来る限り臨床の雰囲気を体感してもらえるよう心がけています。

各種学会・研修会への参加

臨床工学技士会や日本透析医学会、体外循環技術医学会等が主催または協賛するセミナーに参加し、日々進歩する機器の情報収集や、知識・技術の向上に努め、地方にいても質の高い医療を提供できるよう日々自己研鑽しています。

院内勉強会の開催

医療機器の取り扱いや、各種治療の勉強会を年間数十回行っています。5名程度を対象とした小規模の会から、100名近い人数を対象とした勉強会もあり、機器を安全に使用できるようスタッフ間の情報共有を心がけています。

臨床工学技士の採用情報を見る