リハビリテーション科
リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリテーションは身体機能の低下やそれに伴う能力低下に対して、社会生活に適応する為のあらゆる手段を含んでおります。
身体機能の改善を図るための訓練だけではなく、社会や環境設定などの助言等も行います。

理学療法士の採用情報を見る

作業療法士の採用情報を見る

言語療法士の採用情報を見る

脳血管疾患に対するリハビリテーション

急性期脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血など)などを対象にリハビリテーションを実施します。 運動麻痺などに対して、日常生活動作練習(トイレ動作や着替え、食事など)や歩行練習、食物を飲み込む(嚥下)練習を実施し、社会復帰を目指したプログラムを実施します。

整形外科疾患に対するリハビリテーション

手足や背骨の骨折、人工関節等の手術後の患者様に対して出来るだけ早期から積極的なリハビリテーションを行っております。自宅へ帰られる患者様に対しては自主トレーニングや日常生活の指導、外来での継続したフォローも行っております。

小児疾患に対するリハビリテーション

NICU(新生児集中治療室)にて、お子様のリハビリテーションを実施しており、退院後も必要に応じて外来でフォローを行っております。また、外来にて小児の言語障害に対するリハビリテーションも実施しております。

ICU

ICU(集中治療室)にて、発症後や手術後の超急性期からのリハビリテーションを実施します。呼吸器疾患、脳血管疾患、心大血管疾患などの患者様に対して、早期からの離床・合併症の予防などに努め、リスク管理に基づいた治療を実践します。

理学療法とは[PT:Physical Therapist]

運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能を維持・向上させることを目的に運動や物理刺激などの手段を用いて治療を行います。

作業療法とは[OT:Occupational Therapist]

身体または精神に障害のある人、またはそれが予測される人に対して、主体的な生活の獲得を図るため、作業活動を用いて治療、指導、援助を行います。

言語聴覚療法とは[ST:Speech language hearing Therapist]

子供から大人にかけて、何らかの原因でコミュニケーションや飲み込みに問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活が出来るように支援します。

物理療法とは

電気や光線、超音波、温水・冷水の熱などの物理的なエネルギーを利用し治療します。痛みの緩和やむくみ・循環の改善などの効果があります。また、運動療法を効果的に実施する準備として、物理療法を活用します。ホットパック、極超短波、低周波、レーザー、頚椎牽引、腰椎牽引、渦流浴などがあります。

施設基準
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
取得資格
  • 3学会合同呼吸療法認定士 2名
  • 専門理学療法士(運動器)1名
学術活動

論文

1.湯浅 敦智,伊藤 俊一,烏野 大,藤原 孝之,阿部 康次:ストレッチングが動的姿勢調節機能に与える影響.生体応用計測2:17-22,2011.

学会発表

1.湯浅 敦智,伊藤 俊一,烏野 大,藤原 孝之,阿部 康次:ストレッチングが動的姿勢調節機能に与える影響.第46回日本理学療法学術大会,2011. 2.大井 雅人:肺気腫に対する作業療法の経験.第42回北海道作業療法学会,2011 3.湯浅 敦智,金山 雅弘,橋本 友幸,重信 恵一,大羽 文博,岩田 玲:成人脊柱変形矯正手術における股関節可動域評価の重要性.第123回北海道整形災害外科学会,2012. 4.大井 雅人:作業療法の併用によりADLに改善が認められた肺気腫の1例.第46回日本作業療法学会,2012

科内勉強会
  • 1.PT・OT・ST合同勉強会 毎月1回開催
  • 2.各部門症例検討会、PT・OT・ST合同症例検討会 それぞれ毎月1回開催
  • 3.PT・OT・ST各職種での勉強会 毎月1回開催
  • その他、他院・他施設との合同勉強会、文献・英文抄読会なども行っています。

当院での脳血管疾患患者のデータ(H23年9月~H24年3月までの成績)

対象者年齢分布

*年齢が若いほど少なく、60代以上の方が8割以上を占めています。

帰結先

*約3割の方が自宅退院、約6割の方が回復期病棟や一般病床のある病院に転院されております。

FIM

機能的自立度評価法(Functional Independence Measure :FIM)とは、日常の生活動作(食事・更衣・歩行など) を一人でできているか、どの程度介助を必要としているかを客観的数値によって表す評価方法です。 数値が高くなるほど、自立的に行動しやすくなっているという指標となります。 運動項目(13~91点)と認知項目(5~35点)に分かれており、各項目1(全介助)~7(完全自立)で評価し、最高126点、最低18点となります。

25.1点の改善がみられております。自宅に帰られる方もいますが、更なる機能改善と自宅復帰に向け、回復期病院に転院される方が多いことが伺えます。

当院での大腿骨頸部骨折患者のデータ(H23年9月~H24年3月までの成績)

対象者年齢分布

約9割の方が70歳以上となっております。

帰結先

*約7割の方が、長期間リハビリができる回復期病棟や一般病床のある病院に転院されております。

FIM

*リハビリ開始時より運動項目の向上がみられますが、自宅退院に向けて、 更なる運動機能向上目的で長期間リハビリできる病院へと転院している傾向が多い状態です。

理学療法士の採用情報を見る

作業療法士の採用情報を見る

言語療法士の採用情報を見る