病理検査科
病理検査科

病理検査科の紹介

 病理検査室は、様々な病気について、組織あるいは細胞から標本を作製し、病変の診断を行う部署です。患者様と直接お会いする機会はほとんどありませんが、臨床症状や画像検査などで病変の存在が疑われた際に、確定診断を目的として病理検査が行われることが多く、病気の治療を行う上で重要な役割を負っています。
 スタッフは現在5名で、臨床検査技師5名と大学や他の医療機関からの出張医で構成されています。
 当病理検査室の業務内容は「組織診」「細胞診」「解剖」と大きく3つに分かれています。
 「組織診」は、生検や手術などで患者様の体から採取された組織の肉眼所見や顕微鏡標本を観察し、病変の種類や大きさ、広がりなどの診断を行います。標本の作製は主に技師が行い、病理医が診断します。最近では特定の部位や種類のがんで、その種類に特化した治療薬が用いられる場合があり、治療薬の適用可否の判断は病理標本を用いて行われます。当院においても実施されています。
 「細胞診」は患者様から採取された分泌液、穿刺や擦過で得られた検体(たとえば喀痰とか尿、乳腺、婦人科検診材料等)の中に、がん細胞が含まれていないか調べる検査です。この業務には「細胞検査士」という認定資格が必要で、当院では現在4名の臨床検査技師が細胞検査士として従事しており、判定にはダブルチェックを常とし精度の高い細胞診断を目指しています。多くは確定診断前のスクリーニング目的ですが、部位によっては組織診断匹敵する精度に及びます。
 「解剖」は、病院内で亡くなられた患者様のご遺体について、ご遺族の同意を得た上で死因の究明や治療効果の検証を目的として行われます。これらの検討の積み重ねにより、診断技術や治療法の向上、同様の病気の治療成果を上げることにつながっています。
 私たちは直接患者様と関わる職種ではありませんが「心ある医療」を基本理念に持ち日々業務にあたっています。

臨床検査技師の採用情報を見る